体重ベア・ウェイトドール人気ランキング。結婚式や出産祝いの体重ベア選びの参考に。

体重ベア・ウェイトドール人気ランキング

体重ベアの歴史

■体重ベアの歴史

 

体重ベアは、テディベアとされることがあります。

テディベアには厳密な定義はなく、クマのぬいぐるみ=テディベアと呼ぶからです。

 

※下記、ウィキペディア「テディベア由来」の引用になります。

 

『~1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けたが、

獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた

雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の一発を

大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」

として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者のクリフォード・ベリーマンによって

挿絵入りでワシントンポスト紙に掲載され、この挿絵のベアは、「ベリーマンベア」とよばれる。

このエピソードにちなんでロシア移民モリス・ミットムがアイデアル社(Ideal Novelty & Toy)

をおこし最初からルーズベルトの逸話に触発されて熊の縫いぐるみを製造したのが、

アメリカ国内初のテディベアメーカーといわれている。

 

一方、同じ頃ドイツのマルガレーテ・シュタイフのおこしたシュタイフ社(Steiff firm)

によって、元々はルーズベルトの逸話と無関係に1902年に作られた熊の縫いぐるみが

大量にアメリカに輸入されており、その発注が1903年3月のライプチヒのトイフェアへの

出典に端を発するなど公的記録が残されている事から世界初のテディベアメーカーとしては

シュタイフ社とする説もある。~』

 

「体重ベア」が認知され始めたのは2000年頃、今から約15年位前から

結婚式で花束贈呈代わりに体重ベア贈呈が始まったとされています。

より生まれた時の事が実感できる大きさのものをということで、身長も体重も合せられるベアも

作られ始めました。

 

shikumi

関連記事