体重ベア・ウェイトドール人気ランキング。結婚式や出産祝いの体重ベア選びの参考に。

体重ベア・ウェイトドール人気ランキング

結婚式で人気の体重ベア

■結婚式で人気の体重ベア

 

結婚式で両親への感謝を込めて自分が生まれた時の体重ベアを贈ることは、

最近ではポピュラーな結婚式の演出となってきています。

各結婚式場では提携したメーカーによる体重ベアやウェイトドールが

販売されていたりもします。

その一方で、一生に一度の結婚式ということで多くの花嫁さんや花婿さんが

インターネットを使ってお気に入りの体重ベアやウェイトドールを探す傾向にあります。

 

「結婚式」と「出産記念」「出産祝い」、この2大イベントで体重ベアやウエイトドールを

利用される方がほとんどですが、「結婚式」で利用する方はウェディング衣装や

ウェディングオプションがついた特別な体重ベアが人気です。

ウェディング衣装がつくと他の体重ベアよりも高額になってしまいますが、

一生に一度のことなので1体20,000円~30,000円のウェディングドレス、

和装着物を着用した体重ベアを購入される新郎新婦様もいます。

 

お手軽に結婚式の特別感が出せるとして人気なのが「マリアージュ体重ベア」

「プティアンジュ体重ベア」「アンジュ体重ベア」です。

これらは、通常は首元にリボンがついた体重ベアですが

ウェディングオプション(+1700円)をつけるだけでネックレスや蝶ネクタイに

変更が出来、ウェディング仕様に出来るので人気となっています。

 

また、新郎新婦のご両親の好きなキャラクターをウェイトドールに出来る

「セミオーダーウエイトドール」というサービスも結婚式に人気のウェイトドールです。

これは、お好きなぬいぐるみを体重加工するというサービスです。

たくさんの新郎新婦がこのサービスを利用してオーダーしているのが

「ダッフィーウェイトドール」「シェリーメイウェイトドール 」の2種類です。

セミオーダーの中ではダントツの人気体重ベアになっています。

 

kekkonshiki

体重ベアの仕組み

■体重ベアの仕組み

 

体重ベアのベースは普通のぬいぐるみと変わりません。

体重ベアのぬいぐるみは、普通のぬいぐるみよりも生地が厚く錘に耐えうるようにできています。

 

ほとんどの体重ベアがボディー内に微粒子のナイロン樹脂、中綿、マイクロサンド、

寒水石、金属のスチールボールなどが詰められて体重調整を行っています。

 

体重ベアはぬいぐるみ自体は先に制作しておき、お客様のご依頼内容に応じて

体重調整や刺繍加工を行っていきます。身長も合わせられる体重ベアについては、

身長もご指定サイズに合わせるので先に作っておくことはできません。

1体1体生地の裁断から始めて制作します。体重ベアよりも制作時間がかかるのです。

 

体重ベアは、手足が動くものと手足が動かないものがあります。

手足が動くものは、ジョイント式といって腕や脚、頭がくるくる回るようになっています。

価格的にはジョイント式ボディーの方が高い傾向にあります。

 

可愛さの決め手となる瞳はガラスアイ又はプラスチックアイを使用します。
顔のバランスを左右する鼻は糸で1体1体丁寧に縫われるものとプラスチックや

ボタンのような鼻を取り付けるタイプがあります。

 

ほとんどの体重ベアが足裏に記念刺繍を入れる事ができます。

有料オプションとして設定されている場合が多いです。

足裏にはお名前や出生時の記録を刺繍できます。

基本的には、フェルト生地に刺繍糸で内容を刺繍してそれを体重ベアの足裏に縫い付けます。

 

出来あがった体重ベアは、測定器で計られ、依頼の体重と同じがどうか

チェックされてから出荷されます。

 

rekishi

ウエイトドールとの違い

■体重ベアとウェイトドールの違いとは?

 

体重ベアは、ウェイトドールの中の一つです。

ウェイトドールの中のくまのぬいぐるみに体重加工を施しているものを

「体重ベア」「ウエイトベア」といいます。

 

体重ベアは「クマ」という限定したモデルがありますから、

背中より錘を詰めて足裏に記念刺繍、首元にリボンを着けているものがほとんどです。

中には、通常の体重ベアとは異なるように「出産祝い」を目的とし

首元にスタイをつけるものや錘の代わりに防災グッズを背中に詰めたものも発売されています。

 

一方ウェイトドールは体重ベアに限らずウサギや犬などの「アニマル系ウエイトドール」、

ハローキティやスヌーピーなどの「キャラクター系ウエイトドール」、

ミッキーやミニー、ドナルドなどの「ディズニー系ウエイトドール」があります。

 

ウェイトドールは体重加工するぬいぐるみを総称してウェイトドールといいますので、

形状も様々です。体重ベアと同様に足裏刺繍のものが一般的ですが、

足裏に刺繍スペースが無い形状のぬいぐるみもありますので

お腹の部分や背中の脇部分にアップリケをつけて刺繍をする場合もあります。

 

結婚式や出産祝いに人気のウェイトドールとして絶大な人気を誇るのが

「ディズニー系ウェイトドール」です。

ディズニーのライセンスがとられて日本で現在販売されているのは

「ミッキーウェイトドール」「ベビーミッキーウェイトドール(スタイ)」

「ベビーミッキーウェイトドール(フォーマル)」「ベビーミニーウェイトドール(スタイ)」

「ベビーミニーウェイトドール(フォーマル)」「ベビードナルドウェイトドール(スタイ)」

「ベビードナルドウェイトドール(フォーマル)」「ベビーデイジーウェイトドール(スタイ)」

「ベビーデイジーウェイトドール(フォーマル)」「ベビープーウェイトドール(スタイ)」

の6種類になります。

 

人気の体重ベアやディズニーウェイトドールは、ウェディングシーズン(春・秋)には

欠品することがあります。お気に入りの体重ベアやウェイトドールを見つけたら

早目のご注文をおすすめします!

 

whatdoll

格安体重ベアとは?

■格安体重ベアとは

 

格安体重ベアとは本体価格1万円をきる体重ベアのことを言います。

数年前までは、1万5千円から3万円位の体重ベアが一般的でしたが

最近では1万円以下の体重ベアも販売されるようになってきています。

 

「格安体重ベア」を購入する時に気を付けなければいけないのが

2つの意味合いを持っているということを理解しておくことです。

 

「格安体重ベア」は2種類あります。

一つはアウトレット体重ベアです。検品ではじかれたものやサンプルなど、

また左右不対象なものや販売が終了した体重ベアやウエイトドールのことです。

個人的感覚にもよりますが、自分の子供や自分への記念品として購入するには

非常にありがたいアウトレット体重ベアですが、贈り物にはどうなのかな?と思ってしまいます。

結婚式の感謝を込めて贈ったり出産を祝って贈る際にはちょっと気を付けた方がよいです。

 

もう一つの「格安体重ベア」はアウトレット以外の体重ベアです。

アウトレットの格安体重ベアたちとは異なり、お店同士の競争や

メーカーの努力によって生み出された体重ベアです。

誰でもネットショップを始められる時代なので、少しでもお客様に自分のお店へ

来てもらおうとと努力をしています。利益が少なくてもたくさんの方に喜んでもらおう

という気持ちで販売されている格安体重ベアもあるのです。

 

本来は価格ではなく、お気に入りの体重ベアを見つけたうえでショッピングを

行っていただきたいものですが、何事も予算がありますから、その際には

格安体重ベアを検討頂いてもよいかもしれません。

 

kakuyasu

体重ベアの歴史

■体重ベアの歴史

 

体重ベアは、テディベアとされることがあります。

テディベアには厳密な定義はなく、クマのぬいぐるみ=テディベアと呼ぶからです。

 

※下記、ウィキペディア「テディベア由来」の引用になります。

 

『~1902年の秋、ルーズベルト大統領は趣味である熊狩りに出掛けたが、

獲物をしとめることができなかった。そこで同行していたハンターが年老いた

雌熊(一説には傷を負った子熊)のアメリカグマを追いつめて最後の一発を

大統領に頼んだが、ルーズベルト大統領は「瀕死の熊を撃つのはスポーツマン精神にもとる」

として撃たなかった。このことが同行していた新聞記者のクリフォード・ベリーマンによって

挿絵入りでワシントンポスト紙に掲載され、この挿絵のベアは、「ベリーマンベア」とよばれる。

このエピソードにちなんでロシア移民モリス・ミットムがアイデアル社(Ideal Novelty & Toy)

をおこし最初からルーズベルトの逸話に触発されて熊の縫いぐるみを製造したのが、

アメリカ国内初のテディベアメーカーといわれている。

 

一方、同じ頃ドイツのマルガレーテ・シュタイフのおこしたシュタイフ社(Steiff firm)

によって、元々はルーズベルトの逸話と無関係に1902年に作られた熊の縫いぐるみが

大量にアメリカに輸入されており、その発注が1903年3月のライプチヒのトイフェアへの

出典に端を発するなど公的記録が残されている事から世界初のテディベアメーカーとしては

シュタイフ社とする説もある。~』

 

「体重ベア」が認知され始めたのは2000年頃、今から約15年位前から

結婚式で花束贈呈代わりに体重ベア贈呈が始まったとされています。

より生まれた時の事が実感できる大きさのものをということで、身長も体重も合せられるベアも

作られ始めました。

 

shikumi

体重ベアってなぁに?

■体重ベアとは?

 

体重ベアとは体重加工されたクマのぬいぐるみのことを言います。
基本的には生まれた時の重さに錘を入れて調整したものが体重ベアです。

 

出生時の体重に調整するという特徴から、出産のギフトとして多くの方に
利用されています。新しい家族の仲間入りした赤ちゃんを祝って
出産記念品として制作したり、遠方でなかなか会えないジイジバアバへの
内祝いに贈ったりされています。

 

また、結婚式で花束贈呈時にお花と一緒に体重ベアを贈る演出も
一般的になってきました。自分の生まれた時の重さの体重ベアを贈ることで、
ここまで大きく育ててくれた感謝を伝えます。

 

最近では、キャラクターのウェイトドールも主流となってきましたが
数年前までは体重ベアが一般的でした。というのも、「ベア」とは英語で
熊という意味の他に「生む」「結ぶ」という意味もあるからです。

 

結婚式の体重ベアは、ホテルのギフトサロンや結婚式場、ネットショップで
購入することができます。出産記念やお祝いの体重ベアは赤ちゃん本舗や
出産カタログ、ネットショップで購入することができます。

 

お店で購入することは、実際に実物が見れるので抱っこしたり
生地感を確かめたり体重ベアの素晴らしさを実感することができます。
ただ、提携しているメーカーのものしか置いていない場合が多いので
比較して選ぶことができません。

 

対して、ネットショップは価格別や目的に応じて選ぶことができます。
1メーカーだけではなく、何社かの体重ベアを多数掲載している場合が
多いので好みにあった体重ベアを選ぶことができます。ただネックになるのが
実物を見られないということです。その為大きな体重ベアネットショップでは、
たくさんの写真を掲載することで体重ベアの良さや生地感を伝えて、
お客様にご満足を頂けているショップも増えています。

 

beartoha

体重ベアを贈る時

■体重ベアはどんな時に贈るの?

 

「結婚式両親記念品」

結婚して新しい人生を歩み始める新郎新婦。2人が生まれた時の重さを両親に思い出してもらい今まで育ててもらったことへ の感謝の気持ちを表す記念品として体重ベアを選ばれるカップルが増えています。両親への記念品として花束やワインを選ばれる方も多いですが、体重ベアは手 元にずっと残しておくことがでる点が魅力ですね。

 

 「1歳の誕生日」

赤ちゃんが生まれて初めて迎える記念すべきお誕生日には特別なプレゼントを用意したいものです。

一体一体オーダーメイドで丁寧に作られる体重ベアはそんなプレゼントにぴったりです。大切に保管してお手入れすれば一生手元に置いておくことができるので、いつも側にいてくれる大切なお友達としてお子様の精神的な支えとなってくれることでしょう。

 

 「入園・入学記念」

入園・入学はお子様の成長を改めて確認できる良い機会ですね。

「こんなに小さかったあなたがここまで立派に成長してくれて嬉しい。」という気持ちを込めて体重ベアをプレゼントするのはいかがでしょう?お子様にも小さかった自分を育ててくれた両親やお世話になっている祖父母への感謝の気持ちが芽生えることでしょう。

 

 「出産記念(御自身の記念や、祖父母への内祝い)」

待ちに待った新しい命の誕生はとても喜ばしいことですね。

お子様が生まれた時の体重に合わせて一体一体オーダーメイドで作られる体重ベアは抱くたびにお子様が生まれた時の喜びや感動を思い出すことができ、出産という特別なイベントにぴったりの記念品です。

 

「出産祝い(お友達へ)」

大切なお友達へのご出産のお祝いには特別なものをプレゼントしたいものです。

体重ベアは赤ちゃんの体重に合わせて一体一体丁寧に作られていて、記念品として一生手元に置いておくことができるオンリーワンの贈り物です。心のこもった贈り物にお友達も喜んでくれるのではないでしょうか。何人かのお友達と連名で贈られても良いですね。